岩手工場で産学官連携の企業視察が行われました。

2020/07/20

※岩手日報2020年7月9日付 この記事は岩手日報社の許可を得て転載しています。

2020年7月8日に、岩手大学理工学部 山口明准教授と研究室の学生3名が、当社岩手工場にて企業視察を行いました。奥州市は昨年度、企業振興課内に企業支援室を設置。市内企業と大学など研究機関をつなげる機会を創出しており、当社の視察はその一環として行われました。
企業視察を行ったのは当社が初ということでしたので、その様子を 岩手日報社様、岩手日日新聞社様、胆江日日新聞社様、奥州市広報広聴係様による取材を受け、その様子が各紙に掲載されました。
今回の視察を受け、山口准教授の行っている研究内容には参考になる分野がありましたので、岩手大学や奥州市とも相談し、今後の連携を考えていきたいと思います。